【一般NISAとつみたてNISA】20代ならどっちを選べばいいの?

NISA / iDeCo【節税】
スポンサーリンク

NISAは投資で得た利益にかかる税金が非課税になる制度です。

投資で得た利益には通常約20%の税金がかかりますが、これが0になります

これから投資を始めようと考えている方やまだNISA口座を開設していない方はぜひNISA口座を開設して、お得に投資をしていきましょう!

この記事では、2種類あるNISA口座の特徴とどちらを選べばいいのかについて紹介します。

新NISAについても簡単に触れているので参考にしてください。

一般NISA

  • 毎年120万円まで
  • 最長5年間非課税
  • 自由に投資できる
  • あまった非課税投資枠は翌年に持ち越せない

最長5年間なので、超長期の保有には向かない(使えない)です。

5年過ぎたらどうなるの?

非課税枠で保有していた株が5年経過した場合、3つ選択肢があります。

  1. 翌年の非課税投資枠に移す
  2. 課税口座に移す
  3. 売却する

とりあえず5年間は非課税で配当もらって、まだ保有したければ保有し続けたり、利確するなら利確してしまったり。

その時々の状況に応じて柔軟に選べます。

翌年に持ち越した場合は、翌年分の非課税枠がその分減ります。

例えば10万円分持ち越す場合、翌年は120-10=110万円までが非課税枠になります。

ちなみに、「翌年に持ち越す分が120万円を超えている場合はどうなるのか?」というと、新規の投資はできなくなりますが、持ち越せるようです。

つみたてNISA

つみたてNISAのポイントは下記のとおりです。

  • 年間40万円まで
  • 最長20年間非課税
  • 自動買付け
  • 積み立てしかできない
  • あまった非課税投資枠は翌年に持ち越せない

自動で買付けてくれるので、投資自体できるだけほったらかしたい人に方に向いています

注意しておくべきことは、積み立てしかできないので、投資対象が限られます

インデックスファンドや投資信託には投資できますが、企業(個別株)には投資できません

  

Twitterをみてると最近は「つみたてNISA」を使っている人をよく見かけます。

ですが調べてみると、一般NISAは1209万口座、つみたてNISAは274万口座と、実際のところは約4.4倍の大きな差がありました。

出典:「NISA・ジュニアNISA利用状況調査」(金融庁)(https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20201225/01.pdf)(2021年1月3日に利用)

どっちがお得か?は投資方針次第

一般NISAとつみたてNISA、どっちがお得かというと、それぞれメリット・デメリットがあるのでNISA口座でやっていく投資方針によって変わります

まずは投資方針を決めましょう。

やりたいことから選ぶ

投資方針といってもそんなに難しい話ではありません。

要するにNISA口座を使ってやりたい投資から選べばいいのです。

簡単にまとめました。

一般NISA
  • 個別株投資がやりたい
  • 個別株もインデックス投資も両方やりたい
  • そのときそのときで自己裁量で投資したい

つみたてNISA
  • 投資信託を積み立てたい
  • インデックス投資で積み立てたい
  • 個別株はやらない
  • できるだけほったらかしにしたい

ざっくりまとめるとこんなかんじです。

積み立て投資だけやりたい人はつみたてNISAを強くおすすめ!

2024年から新NISAがスタートします。

簡単にいうと、新NISAは今の一般NISAが、つみたてNISAの特徴を併せ持つ形になります。

つまり、これまで非課税枠内すべて自由に投資できたのが、一部積み立てなければならなくなります。

メリットとしては、インデックスと個別株を組み合わせた良質なポートフォリオになることです。

デメリットとしては、しくみがやや複雑化することです。

いずれにしても、個別株に投資するには、一般NISA、もしくは新NISAになります。

しかし、こうした影響を受けないのがつみたてNISAになります。

そして、非課税期間も延長されるので「積み立て投資だけやりたい」という方は今後も見据えて、つみたてNISAにした方がよいと思います。

どっちにしたらいいか分からない…

「投資方針とかまだ分からない…」という方は、まずは自由度の高い一般NISAにしてみたらいかがでしょうか。

一般NISAで投資信託やインデックスファンドも購入できます

また、一般NISAとつみたてNISAは年に1回のみ切替が可能です(初年度不可)。

なので、一年間お試しで投資をしてみるのが良いと思います。

  • 「やってみたら非課税枠○万円しか使わなかった…」
  • 「忙しくて全然投資しなかった…」
  • 「120万の枠がなんかプレッシャーに感じる…」
  • 「感情的になっちゃうから自動的に買っていきたい…」
  • 「積み立てだけじゃなく個別株も買ってみたい」

なんてかんじで、いろいろ把握していけばいいと思います。

私自身もいろいろやってみて、今は一般NISA枠をすべて個別株に使って、投資信託を楽天証券の特定口座で毎月積み立てています。

「なんで楽天証券なの?」っていうと、楽天ポイントもらえるからです。

詳しくはこちらの記事に書いてますので、興味があれば、読んでみてください。

  

20代でNISAやってる人はまだまだ少ないです。

だからちょっとでも興味をもったり、少額でもやってたらすごいことなんじゃないかと。

そんなかんじで試行錯誤しながらゆっくりでも進んでいきましょう。

出典:「NISA・ジュニアNISA利用状況調査」(金融庁)(https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20201225/01.pdf)(2021年1月3日に利用)

ぐー
ぐー

ちょっとでも役に立った・面白かったと思っていただけたら、一言コメントいただけると嬉しいです!

Twitterもやってます!よければフォローもしてください!(@guakw_fx

よろしくお願いします!

合わせて読みたい

この記事を書いた人
ぐー

仕事も会社もイヤじゃないけど、手取り15万…あと5万ほしい20代です。

株歴12年になりました。
節約&貯金だけで30歳で資産1000万円達成見込みです。
株歴10年以上&FX歴5年以上です。年120万円以上投資してます。
今は長期配当重視です。個別株好きです。
NISA/iDeCoもやっています。簿記3級もっています。

PCスキル0からExcel/VBA/RPAなどを勉強し、今では業務の自動化をしたりしています。

よろしくお願いします!

ぐーをフォローする
NISA / iDeCo【節税】
スポンサーリンク
ぐーをフォローする
ぐー@節約&高配当株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました