【Excel作業を楽に】セルの修正方法3つ【比較とおすすめの方法も紹介】

事務職で役立つExcel
スポンサーリンク

今回はセルの修正方法を3つ説明しようと思います。またそれぞれの比較とおすすめも説明します。

地味だけどめんどくさい修正作業をちょっと楽にしましょう!

まとめ

さっそく今回のまとめから見ていきましょう。

セルの修正方法3つ
  1. ダブルクリック
  2. 数式バーをクリック
  3. F2キー
比較
  • クリックした位置にカーソルがくる(ダブルクリック/数式バーをクリック)
  • 文字列の最後にカーソルがくる(F2キー)

ぐー
ぐー

個人的にはF2キーでの修正がおすすめ!

修正モードも修正入力も両方キーボードでできるから!

  

セルの修正

では、それぞれの方法を見ていきましょう。

下図のように、B2に「あいうえお」と入力されているものを用意しました。

これを前述の

  1. ダブルクリック
  2. 数式バーをクリック
  3. F2キー

の方法で修正しようと思います。

 

1.ダブルクリックでセルの修正

ダブルクリック後

シンプルなやり方ですね。

ただ、ダブルクリックした位置にカーソルがきてしまいます。

「(文字列の)最初がいい/最後がいい」場合には、ここから移動させないといけないのでひと手間かかってしまいます。

数回の修正ならこれでいいのですが、数十回~数百回、作業する場合はしんどいですね。

2.数式バーをクリックでセルの修正

数式バーをクリック後

このやり方だとセルから数式バーにマウスで矢印を移動させ、クリックする必要があります。

もうそれだけでめんどくさいですね。。

そのうえ、こちらも先ほどのダブルクリック同様、数式バーのクリックした位置にカーソルがきてしまいます。

3.F2キーでセルの修正

おすすめの方法がこのF2キーです。仕事でもよく使っています

F2キー入力後

修正の選択も修正入力も両方キーボードだけでできます。

マウスいらないですね。

また、ダブルクリックや数式バーのクリックとちがい、文字列の最後にカーソルがきます。

まとめ

あらためて今回の内容のまとめです。

セルの修正方法3つ
  1. ダブルクリック
  2. 数式バーをクリック
  3. F2キー

比較
  • クリックした位置にカーソルがくる(ダブルクリック/数式バーをクリック)
  • 文字列の最後にカーソルがくる(F2キー)

おすすめはF2キーです。

地味だけどめんどくさい修正作業ですが、場面にあった方法を使えると作業がちょっとはかどります!

ぐー
ぐー

ちょっとでも役に立った・面白かったと思っていただけたら、一言コメントいただけると嬉しいです!

Twitterもやってます!よければフォローもしてください!(@guakw_fx

よろしくお願いします!

おすすめ記事

Excel作業を楽にするテクニックについて書いた記事はこちらです。よければどうぞ。

身につけたスキルはどんどん活用していきましょう。

クラウドワークス資格不要&会員登録無料在宅ワークを始められます。

この記事を書いた人
ぐー

仕事も会社もイヤじゃないけど、手取り15万…あと5万ほしい20代です。

株歴12年になりました。
節約&貯金だけで30歳で資産1000万円達成見込みです。
株歴10年以上&FX歴5年以上です。年120万円以上投資してます。
今は長期配当重視です。個別株好きです。
NISA/iDeCoもやっています。簿記3級もっています。

PCスキル0からExcel/VBA/RPAなどを勉強し、今では業務の自動化をしたりしています。

よろしくお願いします!

ぐーをフォローする
事務職で役立つExcel
スポンサーリンク
ぐーをフォローする
ぐー@節約&高配当株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました