【米国株は簡単に始められる】日本株歴10年以上で初めてVYMを買ってみた

【あと5万ほしい】運用進捗
スポンサーリンク

日本株歴10年以上になりますが、人生で初めて米国高配当ETFのVYMを買ってみました

これまで米国株は一切やってきませんでした。

米国株についてはまったくの初心者です。

そんな私が初めて買うものにVYMを選んだ理由と使いやすかった証券会社(楽天証券)の話をしていこうと思います。

始めての米国株投資先にVYMを選んだ理由【VYMとは?】

VYMは400銘柄以上で構成された米国高配当ETFです。

VYMについて詳しくは

>>「VYMはETFか投資信託どっちで買うべきか?【投資方法の選び方|メリット・デメリット解説】」を見てください。

そんなVYMを選んだ理由は大きく2つです。

  • 高配当(分配金あり)
  • つみたてにも適している

まず配当がほしいので、分配金しかも”高配当”は外せませんでした。

そして次に、400銘柄以上で構成されているため、インデックスとしても他の高配当ETFより機能しています。

インデックスということは、買い時を選ばず、毎月など定点買いすることができます。

ふつう高配当株投資は、買うタイミングが重要です。

そのタイミングを見極めなくていい投資法が通用するのは投資家としてすっごくラクになります。

こうした理由からVYMを選びました。

買ったVYMの株価

VYMは「103.0」(103ドル)で指値を入れていました。

これが約定しました。

このときの為替レートが108.45円。

VYM1株は1万1139円でした。

 

 

「103.0」で約定しましたが、評価損益を確認すると、「平均取得価額」は「103.5」になっています。

 

 

楽天証券で米国ETFを買った理由

楽天証券で米国ETFを買ったのは、楽天証券が使いやすくカンタンだったからです。

 

実はSBI証券で買おうと思って、入金等も進めていました。

SBI証券だと決済のコストを約6分の1に抑えることができます。

円貨決済だと25銭かかりますが、住信SBI銀行を使って円を外貨(ドル)にして外貨決済にすることで、コストを4銭まで抑えることができるからです。

仮に毎月1株買うとしたら、年600円コストカット。地味に大きいですね。

  

要するに、一手間かけることでコストを下げることができます。

しかし私は、3時間かけてもこの一手間のかけ方がわからず、今回はSBI証券での米国ETFの購入を断念しました。

そして、円貨決済でコストはふつうにかかりますが、投資信託をつみたてている楽天証券で買ってみることにしました。

結果、めちゃくちゃカンタンに買えました!!!

 改めて、楽天証券の良さを実感しました。

これからも使う機会が増えそうです。

【手数料の上限は22ドル!】まとめ買いがコスパ良い

楽天証券でもSBI証券でも約定代金が4444.45ドル以上になると、手数料は22ドルで頭打ちになります。

要するに、1回の買い付けが約50万円や100万円になっても、22ドルで済みます。

つまり、米国株にコスパ良く投資しようとしたら、約50万円まとめ買いするのがいいことになります。

楽天証券での米国ETFの買い方

楽天証券で米国ETFを買うのは、日本株と同じなのですごくシンプルです!

  1. 総合口座の開設
  2. 入金
  3. 銘柄を検索
  4. 売買

たったこれだけです。

外貨に手動で交換する必要もありませんし、外国株専用口座にログインする必要もありません。

もっている円のまま、検索バーで米国株を検索して、発注すればOKです!

「とりあえず始めたい!」という私みたいな人におすすめです。

おわりに|悩むくらいなら小っちゃく始めてみる大切さ!

通勤中も、仕事中も、帰宅中も「VYMってどうなんかなー」とぼんやり思う日が続いていました。

悶々としてたので、いいかげん「悩むくらいなら小っちゃく始めちゃえ!」とVYMを試し買いしてみました。

やってみて気づいたことが2つありました。

  • 手数料が意外と高い
  • 単価と平均取得価額がちがう

VYMを買ってみるまでは、「(購入手数料が)0.45%って安くない?」と思ってました。

でも実際に1株買ってみて、約60円も手数料がかかったのを体験すると「うーん・・・」というかんじでした。

地味に痛・・・くはないけど、なんかもったいないなと思いました。

 

約定時と評価損益の「0.5」の差は何でしょうか?

おそらく購入手数料が加算されているのではないかと思います。

本来ならこうした手数料も加味して指値を設定すべきでした。

次回以降、もっと資金を投入するときにミスらなくてよかったです。

 

そしてこれからについても感じたことがありました。

ETFで直接VYMを買う態勢が整った以上、「楽天VYMはどうする?」という悩みができました。

楽天VYMはVYMの投資信託です。

現在毎月1万5000円ほどつみたてています。

ETFでこれだけコストがかかっているので、楽天VYMはもっとリターンが少なくなるはずです。

そこまでして、ラクさを取るメリットがあるのでしょうか?

このあたりはまだまだ考える余地がありますね。

進展あればまた記事書きます。

 

こんなかんじで、VYMをたった1株買ってみただけで、悩んでても得られなかった気づきがいくつも得られました。

 

最初からベストな投資をしようとするとしんどいですね。改めて実感しました。

8割くらいでいったん妥協!そこから軌道修正!

これを心がけていこうと思います。

 

今回一番大きい収穫は、日本株と投資信託に加え、米国ETFという投資先を得たことです。

これで一気に、私の中の投資の世界が広がりました!!!

日本個別株と10年以上やってきましたが、どちらかというと「せまく深く」という感じでした。

しかし、私自身社会人になって投資やトレードに時間を費やしにくくなったり、インデックス系の投資先の理解を深めるなかでこの数年「広く浅く」投資をしています。

 

10年以上株をしていますが、まだまだ自分の知らない新しいことばかりで楽しいです!!

やっぱり私にとって株はただの資産形成の手段ではなく、ドキドキワクワクする趣味なんだと最近再認識しました。

 

約2ヶ月前は米国個別株はまったくやる気がありませんでした。

こんなツイートもしていました。でも今は、すでに米国個別株投資も検討しています

この記事を書いた人
ぐー

手取り15万円の20代です。
節約×投資×自己研鑽で「あと5万ほしい」を叶えようとがんばっています。

ズボラで怠け者ですが年100万円以上節約できています。
株歴10年以上&FX歴5年以上です。
今は高配当株とインデックスに年100万円以上投資しています。
NISAとiDeCoフル活用。
20代のうちに資産1000万円達成見込みです。

PCスキルゼロで事務職に就職。
Excel/VBA/RPAなどを勉強し、今では業務の自動化をしたりしています。
簿記3級もっています。

よろしくお願いします!

ぐーをフォローする
【あと5万ほしい】運用進捗
スポンサーリンク
ぐーをフォローする
ぐー@節約&高配当株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました